照射による施術

管理人

これらの全身脱毛は、基本的に毛根やその周りの細胞に影響を出す様な物になってます。特に、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などは、毛を剃った状態でも、黒い色に反応するような波長に設定されており、メラニン色素を持っている毛に反応します

照射そして、毛や毛根にそのまま熱を持たせるように照射されて、エネルギーを溜めるのですが、その際に持った熱エネルギーが、周りの細胞にまで影響を及ぼして、毛や毛を育てる毛根を作る細胞である毛母細胞を破壊することによって、自然に毛が抜け落ちるようになっているのです。これが、全身脱毛としてメジャーなレーザー脱毛やフラッシュ脱毛のメカニズムとなっています。ですので、基本的には毛根やその周りの細胞に作用させて、脱毛を行えるようにしていると言えるでしょう

ただ、これらの方法ですと、産毛やヒゲなどを脱毛させることができないというデメリットもあります。産毛は色素を持っていないので、レーザーやフラッシュが反応することができなくて、脱毛をさせることができないのです。施術をしてもらえば、後は時間が経てば勝手に毛が抜けてしまいます。ただ、これらの方法で肌はダメージを負いますので、しっかりとスキンケアをしておきましょう。